FXがいいと言うけど魅力は一体

FXとは……。すでに日常生活を送る中で、テレビCMやニュース、銀行に張られたポスターなどでよく見るほど一般化されている言葉ですが、急速に広まり始めたのは1998年に外国為替及び外国貿易法が改正されてからになります。

色々な証券会社や商社などが取り扱いを始め、さらにブロードバンド化、一般家庭の一家に1台以上パソコンが普及し始めたことが、FXという取引形態が一般化されていく一因となりました。FXは、ForeigneXchange、つまり『外国為替』の略に由来していて、海外ではForex(Foreign exchange)と呼ばれることが多いです。とはいえ、まだまだ『FX』の意味を分かっている人は少なく、街頭インタビューなどでは「なんか、投資とか?株とかでしょ?」と首を傾げる人も珍しくはありません。

しかし、FXが普及されてから、個人投資家が爆発的に増えたことも事実であり、また、興味があるけどよくわからないから手を出せないと言っている個人投資家予備軍がいるのも確かです。では、具体的に何が魅力的なのか?それは、株に投資するよりも手軽にでき、またリスクも少ないなどが挙げらます。

また、株は多種多様にわたり選択肢があり、その会社の経営状態などを調べなければならないことに対し、FXで扱われる商材は種類に限りがあり、株よりもとっつきやすいということも挙げられるかもしれません。その他にも、円高でも円安でも利益を上げられることができ、その取引は24時間可能なため、働きながらでも取引ができるということもあります。あとは、資本金は少額で、それを担保に何倍~何十倍の取引をできるシステムがあり、それは扱う銀行、証券会社などによって限度が違うので調べる必要がありますが、そのシステムも魅力の一つと言えると思います。

もちろん投資にはリスクがつきものですが、かける金額が少しであれば、痛手も小さくて済むというのは、FXを選ぶ理由の大きな一因にもなると思います。あとは細かいところで言えば、取引にかかる手数料が株などに比べると安いため、長く投資を行っていけばいくほど、その影響は大きくなっていくと思います。

そんなこともあり、株では中々手を出せなかった人も、FXならできるかもしれないと思い、始めるという人が増えてきたのだと思います。実際、一般家庭の主婦など、今までにないカテゴライズの人たちも「投資」を始めるきっかけにもなっているようです。